トップページへ

 

鉄則1 

 鈎足罫線を使って3回連続陰線のときに迷わず買う

     (下がったときに勇気をもって買う)

鉄則2 

 鈎足罫線のトレンドが明らかに上がってきた時に買う

鉄則3 

 ギャクウォッチ曲線を参考にする

 特に出来高減り 値が下げ止まったところ 出来高が増え

 値が動かないと時を狙う

鉄則4 

 しこり球が無く今の価格帯が一番出来高

 が大きくなっているものを探す。

 

 

(投資に関するスタンス) 発刊当初は自分の投資スタンスを紹介してきたので

今日はもう少し概略を紹介したいと思います。


以前 鉄則1 鈎足罫線を使って3回連続陰線のときに迷わず買う

(下がったときに勇気をもって買う)

鉄則2 鈎足罫線のトレンドが明らかに上がってきた時に買う。

などを紹介しましたが、結局のところ株式投資で儲けるには2つしかないと考え

ます。

 1つ目は成長企業を買いじっくり待つ 

 2つ目は株価のサイクルを利用して株価が下がったときに買う。

 

 この二つは簡単なようですが実際にやろうとすれば難しいのは株式投資をさ

れている方ならどなたでも分かると思います。


 では、それをどのように実践すればいいか?

答えは1つ目を選んだなら少しの下げにびくびくせず。目標値まで付き合う。

 

  2つ目を選んだなら自分が底だと思った所よりもまだ下がったらこで、迷

わずナンピンをする(買います) それを繰り返す。

 (この場合には絶対に潰れないであろう企業しか投資しない。

 
その企業とは 業界1 2 または 売上高○○以上など自分の判断

で 私は業界1 2 を使っています。) 

これが実践できれば1つ目は夢を掴み 

2つ目は安定した利回りを確保できると思います。


どちらを自分は選択しているか考えながら銘柄を選ぶといいと思


います。

 

参考      【ストップ ロス投資】
 この投資法を実践されている方も多いと思いますが【私も】これ

の成功率は高いが実践するのが難しい投資法の1つだと思う。

【ストップ ロス投資】とは 株価が買値よりも一定額(%)値

下がりしたら成り行きで売り 逆に上がったときにはとことんま

でついていきまた、高値よりも一定額(%)下がったら売る投資

法です。

一見簡単そうですが実践するのは大変勇気がいる投資法であると

思います。

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO